世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは
世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは

M字ハゲの対策としてフィナステリドがおすすめです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は男性ホルモンが体内で作られ、精巣のライディッヒ細胞から分泌されます。
男性ホルモンを別にアンドロゲンと言います。
M字ハゲ
AGA治療薬として用いられる薬にフィナステリドがありますが、これは男性ホルモンを抑制する薬として知られています。
男性ホルモンの一種にテストステロンという物質があり、男性の場合これは睾丸で作られます。
テストステロンは筋肉増大や骨格を丈夫にする作用を持ちます。
テストステロン自体は男性の体を作るために必要な物質ですが、2型5-αリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンという物質に変換されます。
元々、前立腺癌や前立腺肥大症の治療に効果を発揮していた薬が、これを服用した患者に発毛が見られたことから、フィナステリドがAGA治療に用いられるようになりました。
AGAのメカニズムは、毛髪が本来のヘアサイクルよりも早く脱毛してしまう状態のことで、髪が細く、成長途中で抜け落ちてしまうため、うすく見え、徐々に毛根が弱り、次第に髪が生えなくなるのです。
20代30代で症状が現れる場合を「若年性脱毛症」、30代40代で症状が現れる場合は「壮年性脱毛症」と言いそれぞれAGAの症状として考えられます。
とくに男性の前頭葉付近の生え際や頭頂部に症状が現れやすいと考えられます。
育毛剤などの塗布を試みても、とくに前頭葉の生え際、いわゆるM字ハゲには効果が低いです。
M字ハゲの対策としてフィナステリドが効果的で、前頭葉の生え際の発毛におすすめです。
フィナステリドがM字ハゲの対策としておすすめの理由に、2型5-αリダクターゼの生産を強く抑制し、髪が生え変わるのを助ける働きをします。
ただし、フィナステリドがM字ハゲの対策としておすすめできる要因として、痩せ細った毛根でも残っていることが重要で、毛根が絶えていれば効果は期待できないため、早めの対策が必要となります。