世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは
世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは

AGA治療薬の主成分がまつげ育毛にも有効と評価

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療のために現在使用されている主な薬の主成分は、フィナステリドとミノキシジルの2種類があります。というのも、現在s快適にAGA治療に効果があると評価されているのはこの2種類の成分だけだからです。
このうち、フィナステリドは、男性ホルモンの働きによって阻害されている頭髪の成長を促す作用があります。一方のミノキシジルは、血行を良くすることによって発毛を促す作用があります。
このうち、まつげ育毛に効果があると評価されているのは、ミノキシジルの方です。
まつ毛
現在ではAGAの原因は突き止められていて、頭皮にDHTという物質が高濃度に存在するために、頭髪の成長が阻害することによります。このDHTの生成には、男性ホルモンが関与しています。
フィナステリドは、男性ホルモンの影響によってDHTが生成させるのを防ぐ役割があり、その結果頭髪の成長を促す効果があるのです。しかし、その働きから、AGA治療には効果があるのですが、まつげ育毛に対しては効果がありません。
まつげ貧毛症という病気もありますが、この症状でまつげの成長を阻害する物質はDHTではないからです。
ミノキシジルは、本来は高血圧症の患者に用いていた薬で、血管を広げる作用があります。血管を広げると血液が流れやすくなり、心臓が高い圧力をかけて血液を送り出さなくても、全身に血液が行き渡るようになります。
その結果、心臓は血液を送り出す圧力を下げるため、血圧が下がる効果があるのです。血管が広がり、血液が流れやすくなると、毛髪にも栄養が行き渡り易くなります。
その結果、AGA治療のために頭髪に効果があるばかりでなく、体全体の発毛に効果があります。その効果から、まつ毛の育毛にも効果があると評価されています。