世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは
世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは

AGA治療で行われる毛髪再生の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

抜毛髪の毛には生えてから抜けるまでのサイクルがあります。正常なサイクルであると髪の毛は2年間から6年間の成長期間がありますので強く、しっかり生えた状態になるのです。
これに対しAGAの症状は成長期間が数ヶ月から1年間程度に短縮してしまいます。成長サイクルが短縮した分髪の毛は短く細い状態になってしまい抜けやすくなり、最終的には毛量が減り薄毛になってしまいます。
また成長期のサイクルが短くなることで髪の毛を作る細胞は休眠状態になってしまいます。このサイクル異常を引き起こさないようにすることが薄毛予防になります。
AGAによる薄毛は、髪の毛を作り出す細胞を休眠から醒ますことで改善が可能です。毛髪再生は薄毛予防に必要であり、現在は毛髪再生治療を行うことで以前あった髪を取り戻すことができます。
毛髪再生の仕組みは休眠状態になってしまったに髪の毛を作る細胞、複数の成長因子物質や育毛に必須な栄養素が含まれている薬を浸透させます。
成長因子は細胞を作り出すことを促進させる効果があり、ビタミンB群などの必須栄養素は髪の毛の伸長を促進させたり、髪の毛の補修及び健康維持に機能します。
これらの複数の因子が髪の毛を作る細胞を刺激し、栄養素が髪の毛の成長をサポートします。髪の毛を作る細胞を再活性化することが毛髪再生の主なメカニズムです。
この治療を1年間程度繰り返すことで育毛効果が出てきます。次第に髪の成長期間が正常に戻り毛髪が再生します。薄毛予防には、育毛剤や植毛、投薬治療などの方法もありますが、いずれも短期間で効果が出なかったり、永久に処置が必要だったりします。毛髪再生は薄毛改善の最新の治療法であるとともに高い確実性があります。