世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは

世界が認める脱毛治療薬「フィナステリド」とは

フィナステリドの誕生秘話

このエントリーをはてなブックマークに追加
薄い頭皮

フィナステリドとは、アメリカに本社を置くメルク社と呼ばれる製薬会社が開発した医薬品です。
専門的な言葉で言えば、抗アンドロゲン薬の一つして、男性ホルモンを別物質に変換する酵素である2型5-α還元酵素と呼ばれる物質を阻害することで、その効能を発揮します。このことから、前立腺肥大症や前立腺癌に対する治療に利用され、その他ドキサゾシンと呼ばれる薬品と併用することで、前立腺肥大症の病状進行を遅らせることが出来るとされています。
また、この医薬品の別の特徴として、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、プロスカーやプロペシア等の名称で、日本を含む全世界60か国以上の国で発売されている点が挙げられます。
この経緯としては、1991年にフィナステリドの開発が始まったのですが、治療薬として認可された後に、治療薬の副作用として毛髪の成長が見つけられたことにあります。
前立腺肥大症の治療を行う中で、脱毛症の男性の毛髪が伸びる、濃くなるなどの効果があった為、約1年間の臨床試験を行った後に、正式に男性型脱毛症の医薬品として認可された経緯を持ちます。
なお、この医薬品が効果を示すのは男性ホルモンのバランスが関連する男性型脱毛症のみであり、例えば円形脱毛症や精神的な要因による脱毛症には効果が無いとされています。
このように珍しい開発経緯を持つ医薬品ですが、その効果自体は臨床実験でも認められており、比較的長期間服用することで効果を発揮するという性質があります。
最後に、このフィナステリドの注意点だけで述べておきましょう。服用は成人男性のみに限られ、女性(特に妊婦の方)や未成年は服用できません。また、成分の問題等もあることから、同医薬品の服用中及び最低でも1ヶ月(本来は服用後半年程度の期間をあけることが望ましいとされています)は献血していはいけないとされています。

フィナステリドの性質

薄い頭

フィナステリドは、アメリカの会社が開発した前立腺肥大の薬ですが、AGAにも効果があることが分かりました。
日本ではプロペシアという商品名の薬ですが、ドラッグストアなどでは買うことはできません。
医師が診察をした上で、処方箋を出さなければ手には入りません。
フィナステリドの性質は、毛をはやすことではありません。
男性ホルモンのひとつであるテストステロンは、酵素の働きで、ジヒドロテストステロンに変化します。
ジヒドロテストステロンには、髪の毛の成長を阻害する作用があり、生えている毛を抜け落ちさせたり、細くしてしまいます。
フィナステリドは、酵素の働きを邪魔するので、ジヒドロテストステロンを生成しなくします。
これにより、髪の毛の成長を妨げることがなくなります。
今生えている髪の毛を抜け落ちることなくするのがフィナステリドの性質なので、脱毛予防の働きをしています。
しかし、抜け落ちる毛が減れば、髪の毛の量は増えるので、薄毛に効果を発揮します。
髪の毛を太くする効果もあるので、健康的な髪になります。
発毛の効果はありませんが、髪の質を改善することができます。
また、頭頂部だけでなく、生え際など前髪にも効果があるという特徴があります。
フィナステリドは、髪の毛の状態に応じて、1mgか0.2mgの錠剤を1日に1回服用します。
服用するのは、食後でも食前でも構いませんが、毎日同じ時間に飲むようにすると、常に血中濃度が同じになるので安定した効果が得られます。
人間は、髪の毛に限らず全ての体毛が生え変わりを繰り返しています。
そのために、飲んだからと言ってすぐに髪の毛が太くなることはありません
最低半年は効果が出るまでにかかります。

プロペシア髪の悩み解決

プロペシアを使ってAGAを克服しましょう!
プロペシアでAGA治療

プロペシアの正しい服用方法

服薬イメージ

薄毛に悩んでいる人は多くいますが、なかなか病院へ行って治療を受ける人はまだ少ないです。
羞恥心を感じてしまったり、薄毛は体質のせいだと諦めているためです。
しかし、きちんと診察を受けることで、自分の髪の毛や頭皮の状態を知ることができます。
治療をすることで、80%もの人が効果を感じています。
薄毛治療の中でも、効果を得られるのが、薬を飲むことです。
プロペシアは、薄毛治療によく使われる薬の商品名で、有効成分はフィナステリドと言います。
フィナステリドは、毛の生える細胞の働きを弱めたり、殺してしまいます。
こうなると、まだ成長中の髪の毛が細くなったり、抜けてしまう原因になります。
髪の毛には、ヘアサイクルという生え変わりの周期があります。
ですから、フィナステリドを飲んでも、すぐに効果を感じることはできません。
最低半年、できれば一年は飲み続けることで、髪の毛の変化を感じることができます。
そして、効果を得るためには、正しく薬を飲む必要があります。
プロペシアは、一日に一錠を水かぬるま湯で飲みます。
服用する時間は、食前でも食後でも構いませんが、一日のうちの決められた時間に飲むと、血中濃度の変化が少なくなります。
飲み忘れを防ぐためにも、朝食後に飲むと決めたら、毎日継続するするようにしましょう。
また、プロペシアの量は1mgやそれより少ない量を処方されることが多いですが、決められた以上の量を飲んではいけません
たくさん飲めば飲むほど効果が出るというわけではないので、注意は必要です。
飲むのを忘れてしまったときは、後から二錠飲む必要はありません。
副作用が起きてしまうこともあるので、用法と用量を守って服用しましょう。